キャッシングの明細書を郵送なしにするには?

キャッシングを行っている消費者金融などは、2007年に施行された改正貸金業法によって利用者にキャッシングの明細書を送る義務があります。これは、利用者に利用状況を知らせる為に必要なことであり、利用者が利用状況をしることは大切なことなのです。基本的には、キャッシング会社が自宅もしくは指定された場所へ明細書を郵送します。もちろん利用者宛てに親展で送りますし、ばれにくいようにキャッシング会社の名前は伏せて送ってきます。ですから家族や会社の人などにばれる心配は少ないです。しかしどうしても郵送なしにしたい場合には、いくつかの方法があります。所定の手続きをすれば、休止することもできます。また最近ではネットですべて完結できるWEB完結というキャッシング方法もあります。それ以外にも実店舗を持たないでネット上と郵送ですべてを行うネットバンキングなどがあります。こういったところでは、WEB明細書を発行したりします。これは、ネットを利用してキャッシングの明細書をメールで送ってもらうという方法です。それ以外にも、指定のATMを利用時にキャッシングの明細書を発行して、郵送なしの会社もあります。ですから利用している消費者金融がどんな方法を採用しているか調べてみるといいです。また、分からないときには、直接消費者金融に問い合わせをしてみれば、よい回答がもらえるはずです。明細書はけっして利用者を困らせるために送っているのではないので、利用者の希望に添って明細を発行してもらえます。