専業主婦がキャッシングを利用できる条件

総量規制の影響によって、何らかの職に就いていないという人の場合、キャッシングやクレジットカードの利用はすることができないようになりました。総量規制では利用者の年収に応じた貸付額の制限があるからです。貸付額の制限は最大で利用者の年収の3分の1までとなっているため、収入のない人は消費者金融や信販会社の利用ができないのです。
ただし、専業主婦の場合には特定の条件さえ満たしていれば、キャッシングやクレジットカードの利用が可能になります。
その条件とは、配偶者である夫のキャッシングやクレジットカードの利用に関する同意書と、配偶者の年収を証明できる給与明細書や確定申告書などを申込み時に提出することです。これをすることによって、原則としては自分自身が稼ぎ出している収入がないという専業主婦であってもキャッシングやクレジットカードを利用することができるようになるのです。
ただし、この場合には確実に配偶者側に借金をするという事実がばれてしまうので、内緒でお金を借りたい場合にはあまり向いた方法とはいえません。